廃墟の語り場 A bird having a tuskの前編。
トリコロ、仮面ライダー、その他四コマ萬画やら普通の萬画やらを読んだり語ったり、対話式私信を送ったりする場所です。
作成日2006年4月3日、移転日は2009年5月13日。
ようこそ♪
今、何時何分?


カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
散財の記憶
 

・9月 3DS ドラゴンクエスト ・8月 アニマギア お兄ちゃんはおしまい!(ねことうふ) 1 2 ガシャポン可動変形キシリュウジン レッツ&ゴー!! 翼 ネクストレーサーズ伝 3(こしたてつひろ) るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 3((漫画:和月伸宏 ストーリー協力:黒崎薫)) ・7月 新仮面ライダーSPIRITS 22(原作:石ノ森章太郎 作:村枝賢一) うちのトコでは5 (もぐら) 神羅万象チョコ界顧録 VOICEROID+ 東北きりたん EX|ダウンロード版 フレームアームズ・ガール カナガタ・デイズ(漫画:常石ツネオ 原作:コトブキヤ 監修協力:赤尾でこ) 「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」歌のアルバム-熱唱篇- 「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」歌のアルバム-絶唱篇- Grandsymphony(佐咲紗花) ポケモンキッズ ミュウツーの逆襲 EVOLUTION編 アーマードミュウツー 1日外出録ハンチョウ6 ( 協力:福本伸行 原作:萩原天晴 漫画:上原求 新井和也) タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆 超速ガイド2019-2020 ・6月 らいか・デイズ26(むんこ) 男子ですひのえんまくん(ももせたまみ) >ultra soul(B'z) >WHITE BREATH(T.M.Revolution) >HOT LIMIT(T.M.Revolution) 風都探偵6(原作:石ノ森章太郎 著:三条陸 イラスト:佐藤 まさき) ・5月 ウルトラ怪獣シリーズ 105 ギャラクトロン 出会ってしまったツルとカメ 1(むんこ) 爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return racers!! 4(こしたてつひろ) 魔王学院の不適合者4下(著:秋 イラスト:しずまよしのり) コミカライズ版魔王学院の不適合者1(原作:秋 漫画:かやはるか キャラクターデザイン:しずまよしのり) コミカライズ版魔王学院の不適合者2(原作:秋 漫画:かやはるか キャラクターデザイン:しずまよしのり) ケムリクサ 3巻 へんたつ   ・4月 新仮面ライダーSPIRITS 21(原作:石ノ森章太郎 作:村枝賢一) エレコム ゲームパッド 12ボタン 連射機能付 ブラック JC-U3712TBK ケムリクサ 2巻 ・3月 INDETERMINATE UNIVERSE(ケムリクサ.ver)(りん(CV.小松未可子)、りつ(CV.清都ありさ)、りな(CV.鷲見友美ジェナ)) BD ケムリクサ1 通常版 政宗さまと景綱くん 3 (重野なおき) 信長の忍び15(重野なおき)  コロコロ創刊伝説4(のむらしんぼ) 機動戦士ガンダム マイクロウォーズ 量産型ザク マゼラアタック 魔王学院の不適合者4上(著:秋 イラスト:しずまよしのり) ・2月 魔法陣グルグル2 11(衛藤 ヒロユキ) 幻想世界13ヵ国語ネーミング辞典 真田魂2(重野なおき) 風都探偵5(原作:石ノ森章太郎 著:三条陸 イラスト:佐藤 まさき) ヒカリノキズナ(つるの剛士 & DAIGO) 冬の花(宮本浩次) INDETERMINATE UNIVERSE(ゆうゆ feat.ケムリクサ) ひとりで飲めるもん!(コナリミサト) 双動仮面ライダーW 仮面ライダージョーカーLR るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 2((漫画:和月伸宏 ストーリー協力:黒崎薫)) 鋼の救世主(JAM Project) KEMURIKUSA(ナノ) ・1月 ゆゆ式10(三上小又) バーチャルコンソール・ぷよぷよ マジンガーZ / INFINITY 通常版 [DVD] 3Dクラシックス 星のカービィ 夢の泉の物語 Driver Booster 6 PRO 3DSソフト マインクラフト 軍師 黒田官兵衛伝4(重野なおき) 魔王学院の不適合者1~3(著:秋 イラスト:しずまよしのり) 1日外出録ハンチョウ5 ( 協力:福本伸行 原作:萩原天晴 漫画:上原求 新井和也) 新仮面ライダーSPIRITS 20(原作:石ノ森章太郎 作:村枝賢一) がっこうぐらし!11(原作:海法 紀光 作画:千葉 サドル)  

   
カテゴリー
アーカイブ
1664】 【1663】 【1662】 【1661】 【1660】 【1659】 【1658】 【1657】 【1656】 【1655】 【1654
 
 昔に書いたオリジナルの小説を晒してみる。
 

 
 あの日に言えなかったことを伝えたい。
 
 そんな思いを胸に、俺は此処に来た。
 大丈夫、今の俺には隣に居てくれる人が居る。

 だから、大丈夫。

〇A bird having a tusk 前編〇
 
「静かだな、、まあ良いか」

 平日の墓場は物淋しい。
 あまり騒がしい場所が苦手な少年にとって、それは幸いな事だった。
 だが、その表情は物憂げしい。
 原因は、、やはり空にある。

「だが、、こう晴れていてはな」

 見上げれば紛う事の無い蒼穹。世間一般的における墓参り日和だが、どうにも少年にとっては、あまり良い日和ではないらしい。
 
「曇らないかな、、無理か」
 
 幼稚園児とその母親を敵に回し、一部の父親を味方に付ける様な台詞を、彼は溜め息と共に零した。
 
 多く見積もっても中学生程度を思わせる背丈に、肩まで伸ばした黒い髪。
 まだまだ幼さを残す顔に、年不相応な鋭い眼差しが宿る事を知る人間は数少ない。
 黒の上下にやや大きめのコートを来た彼の両腕にはそれぞれ、新聞紙に巻かれた仏花と水の入った桶を掴んでいた。
 
「……遅いな」
 
 暫し見据えていた空から視線を落として、少年は振り向いた。
 彼の目線の先には砂利を敷いただけの駐車場、その先にある自販機の前に佇んだ少女へと向けられる。

 高校生、少なくとも少年以上の年齢だとは思わせる背丈に 艶の有る黒髪をポニーテイルで纏めた、大きな瞳の彼女。
 白のワンピースの上に少年とお揃いのコートを羽織った彼女の腕には、お供え物の入れられたビニール袋が、しっかりと握られている。

「栞、まだか?」

 駆け寄るのも面倒に思い、その場で大声を出す少年。

「ちょっと待って~!」

 少年に”栞”と呼ばれた少女は慌てた様子で自販機のボタンを押す。そして出て来た缶を拾うと、急いで少年の元へと駆け寄った。

「はい、クロウ君の分!」

 どうやらこれが悩みの種だったらしい。
 いや、正確には「何でも良い」等と数分前に答えた少年の所為か。
 ばつの悪さを感じながら、少女に”クロウ”呼ばれた少年は差し出された缶を受け取る。

「ああ、済まない。……君の分は?」
「え、、ああ!?」
 
 何気ない問いに固まる少女。
 少年の分を買った時点で満足してしまい、自分の分を忘れていたらしい。

「忘れてた! ちょっと待ってて!!」
「おいおい……」

 再び駆け出す少女に苦笑いを浮かべながら、少年は缶ジュースのプルタブを開け、中身を喉に流し込む。
 
 ……緊張で乾いていた少年の喉に、炭酸飲料は刺激が強過ぎた。
 

 
 墓地の外れに位置した、真新しい墓石。
 入り口からは遠いが、新設された水場は近くに有るのだから恵まれていると言えばそうなのだろう。

「……お久しぶりですね、御主人。と言っても、2週間前にも来ましたが」

 感慨深そうな呟きと裏腹に少年は軽く会釈をし、少女は無言で深く頭を下げる。
 少年は長き時を語る趣味を持たず、少女にとってその男性は殆ど縁が無い。
 だからこその、態度の差。
 
「……それじゃあ、俺は墓石を拭いてるから、栞は湯呑と花受けを頼むよ」

 挨拶以外は特に話す事もないらしく、銀色の容器と湯呑みを少女に渡すと、少年は墓に登り水で濡らした雑巾で墓石を拭き始める。

「うん、分かった!」

 少女は少年から受け取った物を両手に水場へと走った。
 そんなに急ぐ必要も無いのだが、指摘するのも面倒なので黙っておいた。
 思えば今日は少女の走る姿ばかり見ている気がして、青年は小さく笑みを漏らした。

「……貴方が黄泉路を歩んでから、一年が経ちました」

 少女の姿が見えなくなったのを確認し、おもむろに口を開く少年。
 それは思い出話なのだが、、そこに御主人は存在しない。
 やはり少年は、長き時を語る趣味は無い。
 だが、知らぬ時を伝える誠実さは抱いていた。

「この姿を得てからは半年、、やっと慣れましたよ。今は彼女、、栞と一緒に暮らしています」

 喋りながらも、少年は手を止めない。
 全体を拭き終わると墓石を降り、水桶からしゃもじを取出した。
 掬った水を、周りから少しずつ水を掛けていく。

(いいかい、クロウ。お墓の上から水を掛けては駄目だよ)
「……はい、御主人」

 おぼろげに思い出す昔。
 かつては囁かれるだけだった言葉に、少年は今更ながら相槌を打った。

(お墓というのは死んだ人そのものだからね、頭から水を浴びたら寒いだろう?)
「確かに水は厄介ですよね、、色々と疲れますし」

 苦味の混じる笑みはかつての、御主人と出会う前の記憶故か。
 少年は水を掛け終えると、手の持ったままの雑巾を水桶に入れた。
 綺麗だった水に汚れが広がり、みるみると濁っていく。 
 
(だから、クロウも覚えておきなさい。と、君には不要の知識だったかな?)

 老体には難しかっただろうに、少年の記憶の中の御主人は、墓の上へと乗り墓石を丁寧に拭いていた。
 そして全てを終えてから、肩に乗せたカラスを優しく撫でるのだ。暖かい微笑みと共に。
 その手も、笑みも、今は少年の記憶にしか無い。
 
「御主人、俺は……」

 呟き掛けた言葉は、短く響いた破壊音に遮られた。
 何かが落ち、砕ける音がして、一気に現実に帰った少年。辺りを窺えば、通路に座り込んた少女の姿が映る。
 
「どうした!?」
 
 少年は少女の下に急いだ。



「これは……」

 音の原因は、少女の近くに来てすぐに判明した。

「クロウくん……」

 少女は今にも泣きだしそうな顔で、駆け付けてくれた少年を見上げる。
 彼女の前に広がる水溜まり。
 その中には横になった花受けと、砕けた湯呑みの欠片。
 きっと転んでしまったのだろう。金属性の花受けは無事だが、焼き物だった湯呑みは半ば面影を残しつつ、それでもしっかりと割れていた。

「怪我はないか?」
「うん、大丈夫。でも……」

 目線を一番大きな湯呑の欠片に落として、少女は謝った。

「ゴメン、、湯呑が割れちゃった……」
「大丈夫、、御主人は物に執着がなかったから、そんな事で怒ったりしない。それに、物は何時か壊れる事を知っている人だったし……」
 
 言いながら、少年は少女の手を握って立ち上がらせる。

「ここは俺が片付けているから、栞は花の長さを調節していてくれ。大体、輪ゴムの手前で切れば良い」
「……うん、分かった!」

 名誉挽回とばかりに力強く頷くと、少女は一目散に墓前に向かう。
 その姿に安心してから、少年は湯呑の片付けを始めた。
 砕けた湯呑みを拾い上げ、その欠片を次々と手の平に乗せていく。
 ビニールを取りに戻りるべきだろうが、どうにも面倒だった。
 今、彼が御主人と呼ぶ男性が此処に居れば、きっと彼を叱っただろう。
 
(危ないから横着は止めなさい、とな。申し訳ありません、御主人……)
 
 それでも少年は作業を止めない。彼の手が動くたび水溜まりの中から破片が消え、かわりに少年の片手の重量が増していく。

「よし……」

 水溜りの中を見渡し粗方拾い上げた事を確認すると、少年は右手に乗った欠片達を見据えた。

「形ある物は何時か壊れる、、か……」

 自身で話した言葉に溜息を漏らし、少年は花受けを片手で抱えてから墓前へと向かう。
 



「これで大体終わったかな」

 一連の作業が終わり花が飾られた墓石。
 線香をオイルライターで炙りながら、少年は隣の少女に話し掛ける。
 だが、彼女の返事がない。

「おい?」
「え!? あ、その……」

 まごついた返事を返す少女に対して、少年はため息交じりに問い掛けた。

「どうした、まださっきの事気にしてるのか?さっきも言ったが御主人は物に執着がな……」
「ちがうの」

 言葉を遮る少女。訝しむ少年を見つめて、彼女は問い掛けた。

「ねえ、、どうしてここに私を連れてきたの?」
「……!」

 少女の問いに、少年の鼓動が一気に跳ね上がる。

「一人で十分できたよね? クロウ君、器用だし……」
「それは、、そうだが」
「今までだって何度か一人で来てるんでしょ? 2週間前にって、、どうして……」
「待った」

 少女の言及を止める少年。ライターをポケットにしまうと、白い煙を上げた線香を置き、困った様に髪を掻いた。

「確かに、墓参りだけなら一人で出来る。それぐらいの、、勇気はある」
「……勇気?」
「ああ」

 思わぬ単語に戸惑う少女へと振り向く少年。

「ただ、一人ではどうしても、今までどうしても出来なかった事がある」
「……それって?」
「お願いだ栞。何も言わずにあと少し、、もう少しだけ、この弱虫に付き合ってくれないか?」

 口に小さな笑みを浮かべ、それでも真剣な瞳の少年のお願いを、少女が断れる筈が無かった。



 線香の煙が空へと昇る。御主人の前で両手を合わせ黙祷する二人。
 
(なんだろう、クロウ君が一人じゃ出来ない事って……)
 
 眼を閉じながら、少女は今さっきの少年の言葉、その意味を考えていた。

(無いよね、、クロウ君が出来ない事なんて)

 少年と共に暮らし始めてから2ヶ月。
 長くは無いが、互いの事をそれなりには知る事が出来る期間。
 彼女の記憶の中で、少年は特に苦手という事が無かった。
 しいて言えば、コンピューター関連の事だろうか。
 以前試しに電卓を渡した時も操作方法に間誤付き、結局は暗算で計算を行なっていた。

(でも、お墓では関係ないよね?)
「御主人」

 隣からの声に視線を移せば、少年は既に黙祷を止め墓石を見据えていた。

「遅くなりましたが……」
 
 次に続いた少年の言葉に、少女は愕然とした。

「今よりこの場を以て、御主人に与えられし[クロウ]の名、、お返しします」



 後半へ続きます。
 
 

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アイコン紹介

ヒロト観風・笑顔

ヒロト・観風

ロゼ・伏せ目笑いチアキ・伏せ目笑い

ロゼ・チアキ

カオスタイムエヴァ

カオス・タイム・エヴァ

カナメディアン

カナメ・ディアン

メア01・笑顔メア02・笑顔メア03・笑顔

メア三姉妹

闇丸蒼

闇丸・蒼

最新CM
[08/23 ジャックナイフ・ノーレッジ]
[08/23 ジャックナイフ・ノーレッジ]
[07/22 ジャックナイフ・ノーレッジ]
[07/22 ジャックナイフ・ノーレッジ]
[07/12 ジャックナイフ・ノーレッジ]
[07/12 ジャックナイフ・ノーレッジ]
[07/12 NONAME]
[07/12 ジャックナイフ・ノーレッジ]
[05/25 暮森ヒロト@第一管理人]
[05/06 ジャックナイフ.ノーレッジ]
バーコード
つぶやき
お誕生日メモ

  九識     年明け さき     年明け メア三姉妹  1月13日 暮森チアキ  2月04日 タイム    4月03日 ファル    4月05日 凜花     4月15日 アイリ    4月28日 楠木理香   5月23日 楠木れたす  5月31日 水谷みう   6月   シュリ    6月10日 暮森ロゼ   7月06日 びーちゃん  8月   翠      8月03日 雪姫     9月10日 風花&翔矢  10月02日 昇&日菜   11月09日 まこ     12月23日